高校生の私がお昼前の誰もいない車両でぎょろ目のサラリーマンの男性に太ももを触られた。

高校生の私がお昼前の誰もいない車両でぎょろ目のサラリーマンの男性に太ももを触られた。

【性別】女性
【年齢】(痴漢された当時)
17歳
【職業】(痴漢された当時)
高校生

【住まい】(痴漢された当時)
実家暮らし、当時は高校生で片道2時間半かけて学校に通ってました。
専門学生だったので専門勉強に普通の教科、大変でしたが好きな勉強ができてとてもやりがいを感じていました。
友達との電車通学がとても楽しくほぼ毎日はしゃいでました。
朝早起きの夜帰りで大変でしたが今ではとてもいい思い出です。





【痴漢された時の状況】
テスト期間でお昼前に終わり、時間帯のせいか車両は誰もいなく1人でした。
制服姿で、スカートはひざ上ぐらいでした。
ラッキーと思い窓側の席に座って眠くて目をつむっていました。




【具体的にされたこと】
夜中にテスト勉強をしていたのもあり、少し眠くてウトウトしていると誰かの足音が聞こえました。
誰か乗って来たんだなーと思いつつウトウトしてました。
段々と足音が近くなってきて前の方に座るのかと思いきや・・・私の横に勢いよくドカッと座ってきました。
えっ・・・と心の中で思ったすぐにスカートの中に手を入れてきて太ももをおいっきり触られました。
びっくりした私は、その人のことをバッと見ました。
サラリーマンの格好をした男性で、ぎょろめの明らかに興奮してる顔で血の気が引いて震えました。
「あ?おきた?」と言われた瞬間怖すぎてパニックになって鞄を持って急いで別の車両に乗り換えました。
違う車両に乗り換えた後追いかけてくるかと思ったのですがその気配がなくそのあと男性がどこで降りたのかもわからずに終わりました。




【痴漢してきた人物】
全く身に覚えのない男性でした。
サラリーマンの格好で、雰囲気は覚えてないですが・・・明らかに興奮してる表情真っ赤な目でぎょろめ
30〜40ぐらい
でもサラリーマンの格好にしては少し違和感があったようにも思います。




【最悪で強烈な記憶】
強烈な記憶はあの興奮した顔の真っ赤なぎょろめ
もう4年前ぐらいですが、いまだに思い出してしまいます。
「あ?おきた?」と言われた時のあの顔表情・・・怖すぎました。
当時通学で乗ってた電車は痴漢される人が多いと後程聞きました。
確かに変な人が多かったです。
謎の行動をしている人、においが強烈な人、一人でしゃべってる人など。
今はもう乗ってませんが、あの表情や太ももを触られた時の事今でも思い出してしまいます。
高校生以来電車でミニスカートや短パンは絶対はかないと決めました。




【どう終わったか】
勢いをく鞄を持って違う車両に逃げたので相手もびっくりしたのか、追いかけてくるのかと思ったのですがその気配がなく終わりました。
後程家族や友人に相談して駅員さんに報告しました。
警察に報告してもその現場、その時でないと対応できないと聞きました。
あの時誰かに助けを求めたくても近くに誰もいなかったので報告できずに終わりました。




【相談と助けてくれた人】
家族、友人に相談しました。
「それは怖かったな〜、無事でよかった」と言われ、友人が駅員さんに一緒に報告しようといってくれました。
自分ひとりじゃ駅員さんに報告せずに終わってました。
後々被害が拡大しないためにも報告しておいてよかったです。
駅員さんは1週間ほど社内を見て回ってくれてました。




【痴漢のその後】
車両を変えてから被害にあった車両には行かなかったのでどこで、降りたのかはわかりません。
後日その人を見かけることはなくなりました。




【現在の生活】
痴漢されてから4年ぐらいたちました。
生活で変わったことはありません。
心の傷は今はなくなりましたが、痴漢の言葉を聞くと思い出してしまいます。
トラウマになったりはしてませんが、あーこんなことがあったなと思うぐらいです。
当時は誰もいない車両に乗るのがすごく怖くて絶対人がいるところに乗るようにしていました。

【学んだこと】
痴漢にあったらすぐに報告すること、人がいない車両に乗らないこと、短いスカートや短パンはかないこと、もし車両が少なくて誰もいないとなったら誰かが来てからのること。



【当時の自分へのアドバイス】
とりあえず、誰もいない車両には乗らない。
スカートは短くしない、無防備にしない
寝てはいけない、寝るなら何人かいる車両に乗ること。
鞄を横に置いたり、座れないようにする。
誰かと一緒に帰る。
駅員さんの近くにいると心強い。