27歳会社員が仕事終わりに電車で帰宅していると、気持ち悪い見た目の30代男性にお尻を何度も触られた。

27歳会社員が仕事終わりに電車で帰宅していると、気持ち悪い見た目の30代男性にお尻を何度も触られた。

【性別】女性
【年齢】(痴漢された当時)
27歳
【職業】(痴漢された当時)
事務員

【住まい】(痴漢された当時)
当時27歳で、大阪で一人暮らしをしていました。
社会人5年目で、アパレルの会社で営業事務をしていました。
9時出勤18時退勤で電車通勤をしていました。
服装や髪色が自由だったので、自分好みの派手な見た目をしていました。





【痴漢された時の状況】
仕事終わりの電車で19時頃、地下鉄御堂筋線の車両内で痴漢にあいました。
一人で入口の近くにたっていました。
車内はやや込み合っていました。




【具体的にされたこと】
仕事終わりの電車にて19時頃、地下鉄御堂筋線の車両内で痴漢にあいました。
仕事で疲れていたので好きな音楽をワイヤレスイヤホンで聴きながらのんびりしていました。
すると後ろに立っている人の手が私のお知りに当たりました。
振り返ると男の人がいました。
車内は込み合っていたのでうっかり当たってしまったんだろうと思いました。
しかし、当たらないよう距離を空けようと少し前に移動するとその人も一緒に移動してきました。
そしてまたその人の手が私のお知りにぴったりと当てられました。
気持ち悪いと思って振り返って睨みつけると目が合い、そのあとなぜかニヤニヤしながら私の肩の上に顎を乗せてきました。
意味が分かりませんでした。
思いっきり肩を上にあげて顎を攻撃しました。




【痴漢してきた人物】
オタクのような見た目の男性で年齢は30歳くらいだったと思います。
チェックシャツをくたびれたジーパンの中にINしており、黒くて大きなリュックを背負った眼鏡の男性でした。
まったく知らない人で、外見の第一印象は「気持ち悪い」でした。




【最悪で強烈な記憶】
まず息がくさい。
体臭もくさい。
髪の毛が脂ぎっている。
あまりちゃんとお風呂にはいってなさそう。
彼女がいたことがなさそう。
女の子と会話する機会がなさそう。
欲求不満だから頭がおかしくなり痴漢をするんだろうなと思いました。
女の身体は許可なしに触っていいものではないし、お前のようなキモい男が無料で消費していいものだと思うなと感じました。
肩に顎を乗せられた時その人の顔の脂がついたんじゃないかと思ってすごく汚く感じました。




【どう終わったか】
痴漢された瞬間キレそうになりましたが、電車に乗る駅が同じだったので今後もまた顔を合わせるかもしれない、もしかしたら後をつけてきて最寄り駅がばれるかもしれないと思い、声はあげませんでした。
また、警察に言うと事情聴取などで時間をとられるときいたことがあったので、その男の為に時間を使うのが馬鹿らしく感じ、やめておくことにしました。
ただ駅員さんには報告をしておきました。




【相談と助けてくれた人】
職場の仲のいいともだちに報告をしました。
若い女性で痴漢を経験したことがない人は少ないので、その場にいる全員が共感してくれました。
詳細を語るとみんな気持ち悪いと言ってくれたので少し心がスカッとしました。




【痴漢のその後】
特に声もあげずそのまま相手が先に電車を降りてしまったのでその後どうなったかはわかりません。
その1週間誤くらいにもう一度見かけましたが気づかれる前に逃げました。




【現在の生活】
痴漢にあってから半年ほどたちました。
痴漢はよくあることなので傷つきはしませんが、気持ち悪かったなという後味の悪さは残ります。
自意識過剰のような気がしますが、通常車両と女性用車両があり、女性用車両が空いている場合はなんとなくそちらの車両に乗るようになりました。
また、通常車両で男性が近くにいる時は少し距離をあけておくようにしています。

【学んだこと】
痴漢をする人は正常な思考回路をしていないんだろうなと感じました。
そのためストーカー化する確率も高いような気がします。



【当時の自分へのアドバイス】
おしりを触られた時にスマートフォンのカメラを内カメにして相手の顔写真を取って駅員さんにみせておけばよかったと思いました。
また、顎を攻撃する時もっと強打してやればよかったと思います。
また、触ってきている手をねじり上げるなり爪で刺すなりしてやればよかったと思います。
面倒ごとにあるので大声はあげなくてよかったと思います。