JKで電車通学1時間半。毎日乗る電車で、かなりの確率で遭遇する同じ痴漢!当時の自分は気も弱く痴漢に反発できず、それを後悔している

JKで電車通学1時間半。毎日乗る電車で、かなりの確率で遭遇する同じ痴漢!当時の自分は気も弱く痴漢に反発できず、それを後悔している

【性別】女性
【年齢】(痴漢された当時)
16歳
【職業】(痴漢された当時)
高校生

【住まい】(痴漢された当時)
高校生で実家暮らしで、通勤に1.5hかけていました。
毎日満員電車で行きも帰りも座れなかったです。
派手まではいかないですがそこそこカースト上位系ではあり、制服のスカートもだいぶ短めで、校則ひっかからない程度に染めていました。
アルバイトもしていて、普通のイマドキの高校生という感じです。





【痴漢された時の状況】
学校に行く時の満員電車でした。
毎日同じ時間帯の同じ電車です。
通学は基本的には1人でした。
たまに中学の友達と駅で一緒になって、途中まで一緒に行くようなかんじでした。




【具体的にされたこと】
当時スパッツを履いていないことが多かったです。
スカートの下は直でパンツでした。
痴漢が寄ってきて、スカートの中に手を入れられて、最初はおしりを撫でられました。
エスカレートするとパンツの中にも手を入れてきて、割れ目をなぞられました。
その最中、チラチラとこっちを見てきました。
こっちの反応をうかがうように。
当時は見た目の割に気が弱い方だったので、言い返せませんでした。
多分それをわかっていてやっているんだと思います。
痴漢の女を見る目はある意味すごいです…3,4駅触られっぱなしで、人がどっと降りる駅で、その人もいつも降りていきます。
そこが下車駅なのか、人混みき紛れて逃げるためかは分かりません。
何度かスカートの裾のほうに、1万円札をトントンと押しつけられました。
当時はよく分からなかったけど今思えば援交どうですかといったサインだったのかもしれません。




【痴漢してきた人物】
全く知らない人です。
知らないおじさん。
茶髪に染めてて少しガタイがよくて、太めのシルバーアクセとか付けてるタイプでした。
怖そうとまでは行かないけど、普通じゃ無いなぁというかんじでした。
40歳くらいのおじさんです。




【最悪で強烈な記憶】
正直、怖くて声が出なくなるとか、トラウマになるとか、精神的にくるとかは無かったです。
ただただ不快極まりない。
あとは「痴漢しましたよね?」て言って、お前なんて触るわけないだろのような事を言われて、冤罪扱いされるんじゃ無いかという被害妄想というか、自分の自信のなさも嫌でした。
やっぱりそういう雰囲気だから、それを見抜かれてターゲットにされてるのかなあと思います。
毎回自分が不甲斐ないなぁと思っていた記憶ばかりが鮮明です




【どう終わったか】
人がたくさんドッと降りる駅で、その人混みに流される形でそそくさにいなくなります。
逆にいえば、その駅までは痴漢が続きます。
ちなみに、週に2回くらいその人と遭遇して痴漢されてたので、1回で終わったわけじゃなかったです。
週に数回同じ電車になる。
車両を変えても、またしばらく時が経つと同じ車両に乗ってきて粘着されたが、ある日突然現れなくなった




【相談と助けてくれた人】
相談も助けも、何もしてないです。
なぜそうだったかというのは、前述の通り、痴漢してない冤罪だと言われると面倒だなと思っていたし、叫んだり近くの人に助けを求めたところで、みんな他人事だと思って助けてくれるビジョンが見えてこなかったからです。




【痴漢のその後】
分からないです。
警察にも突き出さなければ、声も上げてないので。
でも世に野放しのままということになるので今更ながら責任は感じます




【現在の生活】
12年経っており、今では社会人6年目です。
面白いことに、高校生の頃はあれだけ痴漢されたのに、大学生になってからはパッタリと痴漢は止みました。
やっばり制服の子を触りたいっていうかんじなんですかね。
でも私の痴漢され体質は健在で、大学生時代は2度ストーカー被害にあっています。
軽い物ものではありましたが。
そういう雰囲気が出てるんでしょうかね…

【学んだこと】
怖くても自信がなくてもめんどくさくても、兎に角その現場で口に出して言うことは大切だと思いました。
結果はどうであれ、牽制になります。



【当時の自分へのアドバイス】
日本人は冷たいと言われているものの、助けてくれる人はいるはず。
なのでまずは声を上げることが大事です。
ここでやらないとまた違う子が被害にあってしまう。
もし冤罪扱いされようと暴言を吐かれようと、自分から痴漢に反発したという事実は、今後された時の対応の自身にも繋がる。
痴漢は1度しかあわないとは限らないから。