女子高校生の私が朝の満員電車で向かい合った男に何度も胸を手で押し付けられた。

女子高校生の私が朝の満員電車で向かい合った男に何度も胸を手で押し付けられた。

【性別】女性
【年齢】(痴漢された当時)
17歳
【職業】(痴漢された当時)
高校生

【住まい】(痴漢された当時)
家族と一緒に住んでいて学校に通うため朝の通勤ラッシュ時に電車に乗らなければなりませんでした。
一緒の高校に通う子は仲の良い友達で中学の同級生です。
その日はたまたま電車に一本乗り遅れてしまいバラバラの乗車となりました。





【痴漢された時の状況】
学校へ行く朝、普通に電車を待っている乗客の一人でした。
朝の通勤ラッシュでホームはかなりの人がいたと思います。




【具体的にされたこと】
朝の通勤ラッシュなので、乗客は車内の空間がみっちり人が満員状態です。
捕まる所もなく、ただただ12分間次の降車駅まで我慢しなければいけませんでした。
たまたまなのかは分かりませんが目の前に30歳前後の独身っぽい小太りの男性が立っていてカバンは会社用のバッグにしては不自然な白黒のボーダーショルダーバッグを肩にかけて片手でバッグの紐を支えている持ち方です。
丁度手の位置が私の胸の辺りにあって電車の揺れを利用しながら何度も手を胸に押し付けてきました。
声は出ず、自分の手でガードするのが精一杯でしたが。
速く駅に着いて欲しい一心で向かい合わせのまま耐えました。
他の人から見たら痴漢してるようには見えないでしょうが何度も押し付けられて非常に不快な朝だった事を記憶しています。




【痴漢してきた人物】
見ず知らずの人です。
30歳前後で170センチくらいの男性で小太りのスーツ姿でした。
サラリーマンかと思われますがスーツに似合わない白黒のボーダー柄ショルダーバッグを肩にかけていました。
指輪はなかったので独身だと思います。




【最悪で強烈な記憶】
駅のホームで電車を待っている人をよく見るようになりました。
男性でショルダーバッグを持っている人には絶対に近づきたくありません。
例の痴漢がほぼ毎日同じ時間、同じ乗車位置に居るので見つけたら気持ち悪かったですね。
もちろん同じ場所から乗車なんてしませんが、ターゲットにされている女子学生を見ると何とも言えない気持ちになりました。
その痴漢はバレにくいのをいいことに何度も何度も犯行に及んでいるのだと思います。




【どう終わったか】
バレないように電車が大きく揺れた時にしか痴漢の手は胸に押し付けてきません。
電車は12分間に大きく揺れるところが3?4箇所あります。
自分の手で胸をガードしていても手の位置を変えて時間内ずっと押し付けようとしていました。
怖くて顔も見れませんでしたし駅に着いて扉が開くと何にもなかったかのように電車から降りて行きました。




【相談と助けてくれた人】
怖くて声も出ませんでしたし、見てる人もいませんでした。
その人物に気をつけて絶対に同じ乗車口にならないように駅を利用する時は気をつけただけでした。
警察に行こうにも証拠もないですし、電車が混んでいてたまたまその状態になったとでも言えばおしまいですしね。




【痴漢のその後】
警察沙汰になることはなく、誰からも止められていませんでしたのでターゲットを見つけたらその人の近くで電車を待って同じことを繰り返していたと思います。




【現在の生活】
あれから20年ほど経ちますが未だに薄れることがない嫌な記憶です。
今は結婚を機に他県へと引っ越して電車を利用することはほぼなくなりました。
それでも地元に帰れば電車を乗りますし、周りの乗車客は見てしまいますね。
立ち直れないほどの傷ではありませんが思い出していい気分のものではありません。
ずっと消えることはないですね。

【学んだこと】
電車を利用する時は周りに変な(不自然な)人がいないかをよく見る。
ショルダーバッグの男性は特に注意することです。



【当時の自分へのアドバイス】
その当時大きな声で叫ぶとよかったと思っています。
この人私の胸に手を押し付けてきます。
だれか助けてくださいって。
後は満員電車に乗る時は周りの乗車客をよく見るようにと促したいですね。
満員電車だから仕方ないとか言いくるめられそうですが疑われるような位置に手があるからそもそもダメなんだと今なら強く言えそうです。