セーラー服を着た女子中学生の私が、満員電車の中で10分もの間、胸をまさぐられた

セーラー服を着た女子中学生の私が、満員電車の中で10分もの間、胸をまさぐられた

【性別】女性
【年齢】(痴漢された当時)
15歳
【職業】(痴漢された当時)
中学生

【住まい】(痴漢された当時)
中学生だったので、家族と同居していました。
私立学校に通っていたので、電車通学だったのですがその通学中の電車内で初めて痴漢に遭いました。
家庭は5人家族で、穏やかでみんな仲良しでした。
友達と学校帰りに良く遊びに出かけていました。





【痴漢された時の状況】
通学途中の朝のラッシュ時間で、通学に使用していたJR神戸線の快速電車の中でした。
服装は制服なのでセーラー服です。
ラッシュの時間帯なので電車内は寿司詰め状態でした。




【具体的にされたこと】
兵庫県の私立の女子高のセーラー服だったのでスカートは長かったのですが、
セーラー服なので上の服の丈が短いんです。
つり革を持っていると自動的にセーラー服が上に上がってしまうのでお腹など肌が見えてしまうのです。
インナーでキャミソールを着ていたのですが、電車がガタンッと揺れたと同時にわき腹辺りに人の手の感触がありました。
「え??」と思っていたら、どんどんその手が上に伸びてきました。
服の中に手を入れられている状態になってしまいました。
初めての経験で、電車も混んでいるし、自分で注意はできませんでした。

そのまま10分ぐらいずっと服の中に手が入ったまま、まさぐられていました。
下着の中にまでは手は入ってこなかったですが、10分もずっと下着の上から胸を揉まれていた状態だったので、
恐怖と嫌悪感で気分が悪くなりました。




【痴漢してきた人物】
男性で、外見は小綺麗な方。
雰囲気は爽やかで、どちらかというとイケメンの部類だったと思います。
恐らく25歳ぐらいで、スーツを着ていたのでサラリーマンだったとおもいます。
全く知らない顔で、初めて見る顔でした。




【最悪で強烈な記憶】
10分くらいの間、延々と服の中に手を入れられていたことです。
下着の上から、周りにバレないように静かに胸を揉まれていました。
不快な事って実際より体感時間が長くなるので、手の感触がしばらく忘れられずトラウマになりました。
痴漢行為中は男性が後ろにいたので顔は見えなかったのですが、電車を降りる際に顔が見えて衝撃でした。
痴漢って、いかにもやりそうな変態顔だけではないんだなと。
爽やかなサラリーマンが涼しい顔して女子中学生に痴漢するなんて、ロリコンだし本当に気持ち悪いしドン引きました。




【どう終わったか】
自分が降りる駅になり、混雑していたので人の流れに身を任せながら降車したのですが、
振り返ったら男性は消えていました。
同じ駅で降りたのか、電車に残ったのかは謎のままです。
声をだせたら良かったのですが、まだ15歳の中学生でしたし当時はシャイだったので何もできませんでした。
とても悔しい気持ちにさせられたまま逃げられました。




【相談と助けてくれた人】
当時は誰にも話せなかったです。
多感な年ごろでしたし、なんとなく恥ずかしいような気がしていました。
数年後に友人が痴漢に遭った話をしていたのをキッカケに、実は私も経験があると話すことができました。
周りにいた人は気付いていなかったと思います。
みんな眠い朝で、社内は人で溢れているし、電車の揺れに耐えるので精いっぱいだったのでしょうね。




【痴漢のその後】
全く知りません。
あの一件から一度も顔を見ていないです。
恐らく気まずいでしょうから、電車の車両を変えて逃げたのだと思います。




【現在の生活】
17年経ちました。
それからも盗撮されたりで精神が鍛えられました。
生活も何も変わらず平和に過ごしていますし、心に傷なんて今はもうありません。
ただ、初めての痴漢遭遇の際は声を上げる事ができなかったのを今でも後悔していますので、
今は触られたりしたら声をあげますし、駅員や警察に言うようになりました。
痴漢に遭っている子を見つけたら、助けてあげたいと思います。

【学んだこと】
周りに大人はいっぱいいるので、とにかく声を上げて助けを求める事です。
黙って泣き寝入りは犯人の思うツボです。



【当時の自分へのアドバイス】
「触らないでください」「やめてください」「痴漢です」
なんでもいいから周りの人々が気にかけてくれるように声を上げる。
それが難しければ、犯人の特徴を覚えて後から通報すること。
証拠はどんな状況でも必要です。